猫背歩行

インスタ映えしない心の内です。ラジオでたまに喋ってます

まなざし。-モブキャラとして生きるわたしとなんにもないことについて-

自分のことをなんにもない奴だと思う。

 

なんにもないまま歳を重ねてアラサーになった。

特に生活に不自由しているわけではないけど、なんにもない。ということが喉につっかえていつも違和感がする。

 

しかしモブキャラみたいな自分が嫌だと思うその真理は、世界が自分以外の視線によって構築されている、というごく健全な思考からなるのだと気付いた。

わたしをモブキャラたらしめているのはまぎれもなくHe/Sheの存在であって視線である。

裏を返せば、彼らや彼女たちがいなければ(わたしがその存在に気付きさえしなければ)わたしは主婦でもホームレスでもニートでもなんであってもモブキャラにはならないのである。

 

そんなことを気にしている。

薄っぺらい0.03ミリくらいのいやらしい自分のプライドや見栄が恥ずかしい。

 

でもさいきんは極薄でもなかなか破けないよね

 

人間って難しいな〜