猫背歩行

インスタ映えしない心の内です。ラジオでたまに喋ってます

たまにはナマでしようよ

今日本屋で見たバーキンの名言もニーチェの名言もグレースケリーの言葉も、ビジネス書のありがたそうななんとかの法則も、見事に偉大な人たちの話の美味しいところだけをかいつまんでそれらしくパッケージングされていて、でもって何気ない日常や、さして変わらない自分自身の感受性に飽き飽きしているわたしたちはお洒落な表紙や著名人のそれっぽいコメントの帯に惹かれてまんまと買っちゃって、家帰ってUNIQLOのスウェットでぐうたらしながらパラパラ読んですぐわかった気になる。

 

 

SNSならもっと簡単だ。

 

偉人の名言にも、ポジティブになれる方法にも、パリの女性のカッコいい生き方指南にも、綺麗な外国の景色にも、なんにでもカンタンに触れられるようになったし、タップしてすぐに"いいね!"したりふぁぼしたりできる。もちろん例に漏れずわたしもそんな経験はたくさんしていて、その都度感銘?を受けたりポジティブ?になったりするけれど、残念ながらそんなインスタントな感性は一瞬で蒸発する。

なぜなら日常の雑音や重力に勝てるような質量のある情報ではないからです。それらは。

 

だってさ、その情報、第何次ソースやねん?って思いませんか?

 

 

最低限、"その人"自身がその人自身の言葉で書いた自伝やエッセイを読むべきだし、もっと言うと、(気がすすまないだろうけど)その人が影響を受けた(であろう)人物や思想や文学や時代や音楽や芸術についても知ることが大事だ。そういうたくさんのたくさんのたっくさーーんの楽しくなさそうで小難しそうなものの根っこから、地道に地道に時間をかけて育っていったのがその人の人生だし生き方だし考え方だしその"言葉"とやらなんだよなー。

 

おいしい実だけを食べても、ただオイシイだけなんですよ。なんの栄養にもならないようなジャンクな情報だけで時間を無駄遣いしたくないでしょ。

 

 

面白くないことやめんどくさいことやどうしようもないことを渋々でもいいから経験したその時間が結局あなたのカラダを作っているわけで、"その人"たちもそうだったわけで。

 

なんの重みも責任もない、バーチャルでお手軽な世界だけで生きてたらダメなんす。

 

生身のカラダでお金も時間もかけて感動したり疲労したり傷付いたりしたことだけが自分にとって本当だし本物だよ。

 

 

もちろん、ネット上で拡散力や発信力を身につけることはビジネスにも繋がる有能なスキルであることは間違いないからそれを否定する気は全くない。わたしもインスタをやっているし。でもスワイプしてスクロールして一瞬で回収され消費されているようじゃ、わたしもまだまだだな〜と思っている。あ、回収して消費できたと思っているあなたもまだまだだよね????だんだんワケわからなくなってきた

 

 

とりあえず、言いたいことは、

 

ナマ体験は大事にしたいなってことです。。。